主要厩舎勝負調教パターンデータベース

須貝尚介厩舎(栗東)

2009年に開業するや2012年にはゴールドシップの共同通信杯で重賞初制覇、同馬で皐月賞、菊花賞、有馬記念のGI3勝を含む重賞5賞。同年ジャスタウェイでアーリントンC、アスカクリチャンで七夕賞、コレクターアイテムでアルテミスステークス、ローブティサージュで阪神ジュベナイルフィリーズを制するなど一気に関西トップクラスまで上り詰めた須貝尚介厩舎。もちろん躍進の影にそれら有力馬がいたことは確かですが、それ以外でも管理馬の調整には定評があります。

ここでは2012年GI3勝を挙げたゴールドシップを例に取り【鉄板調教】を探ってみます。

皐月賞1週前
4月4日芝6F74.7-60.9-48.0-35.8-11.8(強め)

皐月賞直前
4月11日栗東坂路 4F55.3-39.5-25.3-12.5(一杯)

菊花賞1週前
10月11日栗東坂路4F53.2-38.2-24.8-12.5(一杯)

菊花賞直前
10月17日栗東坂路4F54.7-39.0-24.5-12.2(一杯)

有馬記念1週前
12月12日栗東坂路4F52.8-38.7-25.7-13.1(一杯)

有馬記念直前
12月19日栗東坂路4F54.5-40.2-26.7-13.8(一杯)

ここで分かるのが一杯調教の多さ。1週前に仕上げ、直前が軽めが主流の中きっちり負荷を掛けるのが同厩舎の特徴。これを見るに

「体調のいい馬に関してはレース前でも一杯追い」

という方向性が見えて来ます。これはゴールドシップだけではなく、他の馬にも言え、2013年の天皇賞秋を制したジャスタウェイもこれに当て嵌まります。

関屋記念で2着後、中7週で毎日王冠、その後中2週で天皇賞のローテーションでしたが

毎日王冠1週前
9月25日栗東坂路4F55.3-25.2-12.4(一杯)

毎日王冠直前
10月2日栗東坂路4F51.3-37.9-25.3-13.0(一杯)

天皇賞秋1週前
10月18日栗東坂路4F52.4-24.7-12.6(一杯)

天皇賞秋直前
10月23日栗東坂路4F54.5-39.3-25.8-12.9(強め)

毎日王冠に関しては前走関屋記念で増えた馬体重を絞る意味を込めての一杯追いは分かりますが、毎日王冠時にマイナス8キロと出来ていたにも関わらず、レース間隔が短い天皇賞時でも1週前、直前と強め以上の追い切りを敢行。しかし天皇賞時には減らず、496キロで出走出来たのですからやはり体調は良かったのでしょう。

ここから導き出せる須貝尚介厩舎の傾向は

「直前は坂路一杯は体調良しの証」

と言った所でしょう。しかし、レース時に大幅に体重を減らしていた場合はこれには当てはまらないかも知れません。また、直前が坂路以外だった場合は何らかの不安がある可能性もありますので注意が必要かも知れません。

基本的には本数、質ともにしっかり負荷を掛ける厩舎だけに中間、直前ともに強め以上の調教を課し、当日馬体重が減っていなかった場合は人気に関わらず購入して問題は無いと思います。

主要厩舎勝負調教パターンデータベースTOPに戻る >>

ログイン ID
パスワード
IDパスワードを次回以降入力しない
IDまたはパスワードを忘れた方 新規無料登録

こちらから無料登録をおこなってください